コンテンツ

医師

大腸がんの行末

大腸がんは進行が比較的ゆっくりですが、転移してしまうとほかの臓器で進行が一気に進みます。治療方法も様々ありますが、発生場所や進行度によって治療方法は変わってきます。

悩む男性

早期の発見と治療

子宮頸がんとは子宮の頸部の粘膜に発生する悪性腫瘍の事で、40〜50代の女性に発生しやすいとされています。治療方法は患部を切除する手術、放射線をがん細胞に照射する放射線治療が一般的で、早めの治療開始が理想的です。

考える男性

転移した先での治療

大腸がんは、肝臓や肺へ転移を起こしやすい特徴がある病気です。転移した場所や数によって治療の方法は異なりますが、がん細胞の広がり方によっては、手術と化学療法を併用して治療を行なうこともあります。

恐るべき病気

耳打ち

人間が恐れる病気の一つにがんがあります。がんは自覚症状がすぐに出るものから、ほとんど無いものまで様々です。また、年齢や性別によっても起きやすくなるがんには違いがあります。前立腺がんは男性にしか発症しないがんですし、子宮頸がんなどは女性にしか発症しないがんです。また、小児がんと呼ばれる子供ががんになってしまうケースも全国では多く、肺がんは今や高齢者の死因のトップに躍り出るほどなのです。がんはとても身近な病気ですが、そのような認識はあまり無いのが現実です。正常な細胞が突然がん細胞に変わるため、誰しもがんになる可能性を持っているのです。しかし、定期的な健診をせず、自覚症状が出て始めて受診する人が多いのです。がんは1ヶ所に留まってはくれません。進行すると転移する可能性があります。転移してしまうと治療が困難になってしまうがんもあります。気づかないうちにがん細胞が発生していて転移までしていた、という最悪の状況を回避するためには定期的な健診はとても大切です。

近年、患者数が増大しているといわれているがんが大腸がんです。大腸がんが発生する方法は二つあるとされており、一つは大腸の壁面の最も内側にある粘膜にできてしまった良性腫瘍(ポリープ)ががん細胞に変化してしまう場合で、もう一つは粘膜から直接がん細胞が発生してしまう場合です。早期の大腸がんには自覚症状はほぼ無いと言っても良いです。自覚症状が出てくるのは症状が進行してからが最も多く、がん細胞が発生した粘膜よりも大腸の外側に向かって広がっていくと様々な症状が目に見えて確認できるようになってきます。まず、排便に変化が現れます。軽いものだと便秘と下痢が繰り返し起こり、便が細くなるという症状がでます。また、血便や肛門からの出血が起こるようになります。出血を起こすことから貧血が起きやすくなり、嘔吐感や体重の急激な減少などが見られるようになります。がん細胞が肥大してしまうと、お腹にしこりがあるように感じ、お腹が張った症状や腹痛に苛まれてしまうことが多くなるのです。大腸がんの早期発見が遅れてしまう原因として、痔の症状と酷似していることが挙げられます。しかし、早期に見つけると完治する確率は上がるため、血便などの症状が出た場合には自己判断をせずに受診することが大切です。

オススメリンク